MVNOには通信制限がある!?データ通信容量の使い過ぎに注意

MVNOには通信制限がある!?データ通信容量の使い過ぎに注意

 

MVNOと契約する前に気を付けてほしいのは、「通信制限」が存在するということです。

 

この通信制限はMVNOによってルールが違ったりします。

 

ルールが厳しいMVNOもあれば、ルールが緩いMVNOもあります。

 

MVNOと契約をして実際に使ってから「通信制限が厳しすぎて使えない」というようなことにならないように事前にチェックをしておいた方がいいです。

 

 

代表的な通信制限について紹介しますので、参考にしてください。

 

 

通信制限の種類について

 

通信制限には主に2種類の通信制限があります。

 

契約してたデータ通信容量を超えた場合

 

こちらはMVNO全てで共通している通信制限です。

 

契約したデータ通信容量を超えてデータ通信を行う場合は、データ通信速度に制限をされます。

 

契約した容量を超えているので、使えないよりは全然マシだと思います。

 

 

直近の3日間で使用したデータ通信量が規定量を超えた場合

 

こちらの通信制限がクセモノです。

 

直近の3日間で使用したデータ通信量が規定量を超えた場合にも通信制限されることがあります。

 

この規定についてはMVNOごとに違いがあり、通信制限の規定を設けていないところもあれば、通信制限を厳しくしているところもあります。

 

高速データ通信に対して通信制限をしていたり、低速データ通信に対しての通信制限である場合もあります。

 

 

各社ごとに違うので、通信制限の規定については十分にチェックしましょう。

 

 

 

あなたの使い方に合っていれば通信制限は怖くない

 

通信制限があったとしても、それに引っかからなければ制限は何も怖くありません。

 

通信制限のルールを確認して、あなたの使い方に合っているか確認しましょう。