MVNOはなぜ安いの?その仕組みと3つの理由を分かりやすく解説

MVNOはなぜ安いの?その仕組みと3つの理由を分かりやすく解説

 

MVNOに乗り換えれば安い。

 

そのように聞くと「なぜ安いの?」という疑問をまずは持つと思います。

 

MVNOが安い仕組みはしっかりと存在しています。

 

その仕組みと4つの理由について解説したいと思います。

 

 

MVNOの仕組みについて

 

まず、MVNOはスマホの通信サービスを提供していますが、その全てのサービスを自社で提供できているわけではありません。

 

実はMVNOはドコモなどのキャリアの通信設備を借りて、スマホの通信サービスを提供しています。

 

キャリアの通信設備を使っているので、通話やデータ通信などのサービスをキャリアと同じレベルで提供することができつつ、自社で通信設備を持っていないことから格安料金でスマホの通信サービスを提供できています。

 

 

 

MVNOが安い3つの理由

 

MVNOが安く通信サービスを提供できいるのには4つの理由があります。

 

通信設備が安く済んでいる

 

先ほどお話しした通り、自社で通信設備を構築したわけではありません。

 

キャリアの通信設備を借りているため、あまりお金がかからない分、料金を安くできています。

 

 

広告費を抑えている

 

基本的にCMなどの広告費にお金をかけていません。

 

広告費にお金がかかっていない分、料金は安くなっています。

 

 

サポートなどにかかる人件費を抑えている

 

キャリアは日本全国にサポートのための店舗があります。

 

正直、多すぎると思うくらいに店舗があちらこちらにあります。

 

しかし、MVNOはサポートをメールや電話に限定することで、人件費が安くなっています。

 

 

 

MVNOの料金を調べてみよう

 

MVNOの多くはホームページで料金シミュレーションができるようになっています。

 

料金シミュレーションを利用すれば、だいたいの月額料金がわかります。

 

例えば、楽天モバイルなども料金シミュレーションがあるので料金のシミュレーションができます。

 

一度シミュレーションを試してみて、満足の行く料金か確かめてみてください。

 

 

 

MVNOの安さには理由がある

 

MVNOが安いのには、きちんとした理由があります。

 

しかし、この理由は必ずしも良いことばかりではありません。

 

特にサポートを重視するようなひとにとっては、MVNOの簡易さは物足りないかもしれません。

 

安い理由も考えて、MVNOを利用するかどうかを検討しましょう。